夢見が悪い

ここ数日間ものすごく夢見が悪い。もう今日で三日連続。
何かに関連するのかも、という気持ちで忘れないうちに書き留めておこうと思う。
以下はかりんの夢の内容しかないので、興味のない人は読み飛ばしてくださいm(_ _)m
◆一日目
霊のようなものを倒しに行く夢で、
すごくおどろおどろしい雰囲気の中で退治チームを組んで、
作戦を立てて怪物退治に向かう夢。
命を落とすかもしれないという極限状態の中爆弾を仕掛けたり
いろいろな作戦を遂行していくもの。
その時のメンバーは知らない人半分、知ってる人半分。

◆二日目はちょっと現実的。
団地に住むかりんち一家。(パパ、ママ、おとーととかりん)
近所にはよくわからない教会のようなものが。
そこでは新興宗教のような人たちが集会をよくしていた。
パパが泊まりのある日、夜ママと一緒にいろいろな話をしていると
その神社から何か物音がして外をバタバタと走ってる数人の足音がするので、
外に出てみることにした。うちは一階にあったのでベランダから外に出る。
ママは心配そうに「気をつけてね」と見送っていた。
団地を一周すると教会に電気がついていたので、
その教会から見られちゃマズイとなぜか思って
かがんで教会の外にある塀に隠れながら通過。
教会をぐるっと一回りすると教会の裏に数人の若い男女が銃を持って何かを話している。
かりんが気付いたのは教会の裏通りに出てからだったので、相手から丸見えだ。
ジョギングをしてる人を装って通り過ぎようとしていたら、
数人の男女はかりんを誰かと間違っているらしく
「あの子まだあんなところにいるよ。ほんっととろいんだから。
 早く任務終わらせないと帰れないじゃん。」
なんて言って笑っている。私はその横を通り過ぎて家に帰ろうとしていたんだけど、
そのまま団地の階段に入るとまずいと思い、ベランダから入ることにした。

そこで場面が変わってママが電話をしてる場面に。
ママは銃声が聞こえたので警察に電話をしている。
警察で鳴った電話をとったのはパパ。
そして事態を察知したパパは
「そこから絶対に動くなー!!」
と叫んでいる。

更に場面が変わってかりんがベランダから入る場面に。
ベランダの柵を乗り越えるとそこにママの死体が。
その死体にはコブシくらいの大きさの弾丸が埋め込まれていた。
さっきの男女数人はママを殺した後だったのだ!!

というところで目が覚めた。
起きたのは3時。すっごいリアルでしばらく寝付けなかった。

◆更に3日目。
これは曖昧なカンジなんだけど、夜寝てるとき誰かが部屋に入ってくる気配。
びっくりして飛び起きたら殺される寸前だった、という夢。

一節には最近バイオハザードをやっているから、という説がありますが
毎日やってるわけではないしなんでこんなに続けてみるのか不思議。
大体バイオハザード始めたのはもう一ヶ月くらい前だし。
(毎日やってないのでなかなかクリアまでいかない)

なんか最近ほんと夜眠り浅いです。。。

タイトルとURLをコピーしました